PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2016年10月23日

最近発注した基板の話


お久しぶりです。
生きています。

最近、回路基板を設計and発注したのでその話をしようかと。

回路のおもて
回路のうら


唐突ですが、トランシーバを自作しようかなと思いました。
トランシーバの機能を実現するため、まず最初に下図のようなイメージを考えました。

ぶろっくず1

無線通信には、TWE-LITEを使おうと考えました。

音声をサンプリングする場合、トランシーバ用途ならば8kHz程度のサンプリング周波数があれば聞き取れるとのこと。

仮に、1サンプル8bitとして8kHzサンプリングをすると、
8bit × 8kHz = 64kbps になります。

TWE-LITEは公称250kbpsですので、理論値的にはこのままでも作れそう…

でも、TWE-LITEが常時250kbpsも本当に出るのだろうか…
仮に双方向で電話のように会話しようとしたら128kbps必要になるし…

もっと音声を圧縮する方法は無いものか?
音声符号化を8kbpsとか16kbpsくらいでやってくれる素敵システムは無いか?

調べたところ世の中には"ボコーダ"というものがあって、
例えば携帯電話などでは
8kHz/16bitでサンプリングした音声を8kbpsで送出できるという
摩訶不思議な技術が用いられているそうです。

ボコーダを使えばいいじゃん!と最初は思ったのですが、
ライセンスの関係がややこしかったり、ボコーダICがどこで売っててどう買えばいいのかもよくわからん!

オープンソースのそういうコーデックもあるっぽいけど、こんなもんマイコンに組み込む能力は自分には無い!

色々まわりまわって、VS1063A オーディオコーデックICを使うことに決めました。

このIC、16kbpsで割と高音質な音を実現してくれるOggVorbis形式で音声符号化/復号化ができます。
多少遅延が大きめなようですが、電話じゃなくてトランシーバだから問題ない!
(双方向で会話?なんのことかな?最悪、G.711やG.722も使えるICだし!)

ICの中にA/D変換器もD/A変換器もアンプも何もかも入ってる!
マイクもイヤホンもほとんど直結できて楽ちん!

ぶろっくず2

さて、VS1063Aを使ってみるとして、どうやって使うのかよくわからないですね。使った経験がありませんから。

ちゃんと動かすことができるか、確認する回路を作らないと…ということで作ったのが、一番最初に写真でお見せした写真になります。

ブロック図と回路図は下記のような感じです。
kicadを用いて設計しました。
ぶろっくず3

↓↓回路図
かいろず
↑↑クリックで拡大

発注先はElecrowで、届くのに3週間くらいかかりました。
Registered Airmailオプション付きで5枚で1700円くらい。安い。
(届いたのは7枚)

今後はこの基板用の各種部品を揃えて、ハンダ付けして、マイコンのプログラムを書いて、実際に音声が正しく符号化・復号化できるかを確認していきたいと思います。

最近、お金が無いので部品買うのがしばらく先になりそうで辛いです。

  

Posted by CANEY at 09:20Comments(0)電子回路

2016年07月02日

7月になりましたね


早いもので、もう7月ですね。
ブログに書けるようなネタもなく。。

学生時代の先輩にこの間再会したのですが、
何かものづくりを積極的にやっていかないと
仕事に忙殺されて学生時代の技術力が鈍っていくぞ、
と忠告をいただきました。

社会人であっても少しずつ無理せず何かを作る、
ということをやっていきたいですねぇ。


  

Posted by CANEY at 22:47Comments(0)雑記

2016年05月01日

5月になってしまった


こんにちは。

前回の投稿から時間が空いてしまいました。

4月1日に社会人デビューして一ヶ月が経ちました。
新生活準備や新人研修であっというまに時間が過ぎてしまいました。

現在、つくばを離れ東京に住んでおります。
ゴールデンウィークということで10連休をいただき、名古屋の実家から書き込んでいます。

せっかくのゴールデンウィーク、何か新しいことをしてみようと思い、物理演算ライブラリの Bullet に挑戦中です。
これについて、記事をかけたら良いなと思っております。

それではまた次回(いつになることやら…)
  

Posted by CANEY at 11:46Comments(0)雑記

2016年02月25日

新生活に向けて


こんばんわ。

前回の投稿から時間が空いてしまいました。

修論発表は無事終了し、学生生活も残すところあと1ヶ月となってしまいました。
新生活の引っ越しなどに向けて少しずつ準備をしつつ、研究を閉じる作業をしております。

しばらく忙しそうです。

とか言いつつ、学生最後にCanSatを作ることができないか思案中です。
スケジュール的に作れるかどうか五分五分のところ…

社会人になってもプログラミングや回路製作を続けることができるといいなぁ。

  
タグ :雑記

Posted by CANEY at 21:02Comments(0)雑記

2016年01月14日

修士論文提出しました


あけましておめでとうございます。
今年も、少なくとも月に一度は更新していきたいと思っています。

昨日、修士論文を提出いたしました。
あとは発表するだけ!!
発表するだけ!!!

いよいよ学生生活の終わりが見えてきた感じがしますね。。

  
タグ :雑記

Posted by CANEY at 09:19Comments(0)雑記

2015年12月26日

最近見た映画の感想


なんの脈絡もなく映画の感想を書いていくあたり、
備忘録ぽいですね。

最近、TSUTAYAでDVDやBlu-rayを借りて映画をよく見ています。

何を見て、どう思ったか感想を書いておきます。
ネタバレ入ってるかもなのでお気をつけ下さい。

キャプテン・ハーロック(2013年)

国産3DCGアニメで、割と映像は綺麗でした。
しかし、キャラクターの魅力が残念だったというか、
キャラ全員揃いも揃って考えが浅はかだなと。

滅びたはずの地球に花が咲いていたところだけは割と好きなんですが…。


2001年宇宙の旅(1968年)

スタンリー・キューブリックの名作とよく言われますが、
実際に見たことがなかったので鑑賞してみました。

自分はもっとお気楽な大衆娯楽的映画のほうが好きということがよくわかりました…
何がなんだかよくわからない映画でした。
自分の鑑賞力ではこの映画を楽しむのは無理…。


アメリカン・スナイパー(2014年)

良かった。

現代戦の戦争映画はあまり見たことがなかったのですが、
今の時代の兵士たちが生きる姿を淡々と映しだしていて、
非常にリアリティがあると感じた。

特典映像でメイキングも見たが、
この映画と主人公との関わりも含めて、
いろいろと考えさせられた。


フューリー(2014年)

前に映画館で見て、すごく良かった記憶があり、
TSUTAYAに置いてあったから借りてしまった。

これも戦場のリアルな姿が描かれているように感じた。
生き残るために主人公が成長していく姿を見るのが嬉しくもあり、悲しくもある。
戦車戦は圧巻で、ティーガー戦車の恐ろしさがよくわかった。

ガールズアンドパンツァーと交互に見ると、
理想と現実とのギャップで心が壊れると思う。


レ・ミゼラブル(2012年)

映画館で見たかった…という作品。

ミュージカル映画を見るのは初めてだったが、
歌と映像美が素晴らしかった。

大河小説をミュージカル化したものの映画化なので、
ストーリーの展開が早すぎて、あとからwikipediaを参照したりしたけど、
よく出来た物語だった。

特典映像のメイキングも素晴らしく、
世界初ライブ収録を試みて見事成功している。
そのための工夫、技術、演者の尽力には目を見張るものがある。
本編はもちろん良かったが、
メイキングもぜひとも見てもらいたい。


清洲会議(2013年)

同名小説を映画化した作品。
小説を持っていて気になっていたので鑑賞。

小説の段階でかなりクセのある登場人物だらけだったため、
その部分がどのように演じられているのか気になっていたが、
よく再現できていたと思う。

小説は登場人物の独白で話が進んでいく。
何回か読みなおしていた自分は
映画で発言されないような、
それぞれの人物の頭の中の思惑がわかる。
それが楽しかった。


エンダーのゲーム(2013年)

SF映画の大作。
原作を読みたくなった。

映像が素晴らしく未来的でかっこ良かった。
こういうのを見たいんですよ!って感じ。

主人公の難解な役柄も見事に演じられている。

惜しむらくは、1年間が2時間半に圧縮されているため、
展開が早すぎるように感じること。

実際、原作からかなりカットされた部分もあるらしい。
メイキングでも制作者が言っていたが、
テレビシリーズで13話をこのクオリティでやってもらいたかった。
流石に無理か。

「敵を打ち負かせるほど敵を理解した瞬間、僕はその敵を愛しもする」
っていう言葉が心に残りました。

インデペンデンス・デイ(1996年)

アメリカTUEEEEEE!!!な映画。
若干のご都合主義的な部分は置いておいて、
爽快な映画ですね。
大統領カッコイイ。



というわけで、こんな感じです。
また、見たら書いていきたいと思います。
  
タグ :映画感想

Posted by CANEY at 10:07Comments(0)映画感想

2015年12月09日

立川にある南極・北極科学館に行って南極の氷を触ってきた話


この間、つくばから2時間かけて立川まで行きました。
目的はガールズアンドパンツァーの極爆音上映を見るためです。

映画の方は申し分なく大迫力の音と映像を体感できて非常によかったのですが、
それだけで立川を去るのはもったいないと思いました。

そんな時、国立極地研究所の南極・北極科学館が立川にあると聞き、
ついでに行ってきました。

スマホのカメラの画質が悪くてお粗末な写真しかありませんが…

南極・北極科学館

南極の生き物の話や越冬隊の話、
昭和基地の設備の話などが網羅的に展示されていました。

まず意外だったのが、基地の居住スペースの個室がキレイ。
南極の個室

説明によると、インターネットもできる快適な個室とのこと。


昔はオーロラ観測のためにロケットを打ち上げていたそうな。
オーロラ観測ロケット

無人航空機を使って科学観測に挑戦したりしているそうです。
無人飛行機

機械遺産第65号の雪上車です。南極点に到達した経歴をお持ちだそうです。
雪上車

戦車映画を見てきた直後だったので、思わず履帯に目が行きます。
雪上車の履帯


後部にある入り口から撮った雪上車の車内はこんな感じ。
右奥に運転席があります。
雪上車の中

雪上車の中にはコンロがあって、温かいものを取れるようになっているみたいです。
雪上車のコンロ

他にも、Oculus Rift でのオーロラ体験コンテンツがあったり


隕石が置いてあったり
いんせき

えっ、南極の氷!!?!?!?
触ってみよう

南極の氷を触ることができました!人生初です!!!
南極の氷!!!


他にも白熊などの色々な動物の剥製?みたいなのがあったり、
地層調査用の長ーい筒みたいなのが置いてあったり。

興味深いものが盛り沢山でした!

個人的には南極の氷がポンと置いてあることが衝撃的でした…
立川にお越しの際は是非!!

  

Posted by CANEY at 10:32Comments(0)雑記旅行記

2015年11月20日

またもや一ヶ月ぶりに…


一ヶ月が早すぎる!!

お久しぶりです。
前回記事を書いてから一ヶ月…
研究に忙殺されております。

少し前に「本好きの下克上」というweb小説を読んでます。
「小説家になろう」の小説はそんなに読んだことがなかったのですが、
結構面白いものですね。

昔、「魔法科高校の劣等生」が人気と聞いて少し読んだものの、
主人公の最強すぎる設定(俺tueee系)に辟易して、
それ以降「小説家になろう」系は敬遠していたのですが。

まぁ、本好きの下克上もそこそこ俺tueee系なのですが、
ストレス無く楽しく読めてます。
第2部の始まりくらいまで読み進めましたが、
ここのところ忙しくて読めていません。

読み始めると徹夜して生活リズムが総崩れになりそうなので…

もうしばらく忙しい日々が続きそうです。
  

Posted by CANEY at 10:19Comments(0)雑記

2015年10月22日

一ヶ月ぶりに


こんにちは。
気づいたら更新が一ヶ月ぶりになってしまいました。

夏休みが終わって毎日研究してたら、あっというまに10月が半分以上終わってしまいましたね。
修士論文に向けて研究をまとめはじめないと…な感じです。

この一ヶ月、那須旅行に行ったり怪しげな実験をしたり展示会に行ったりと色々と満喫してきました。
デスクトップPCから異音が出るようになって悲しい気持ちになったり…

今は別のノートPCの方にCUDA7.5の環境などを入れたりして色々と整えなおしているところです。

全体的に資産が古いので、来年ごろに新しくしたいなぁーと思います。

では。
  

Posted by CANEY at 20:46Comments(0)雑記

2015年09月21日

Linux で Windows 向けフリーゲームを遊ぶ


今日は午前中は家でゴロゴロしていました。

その際に、前から気になっていたフリーゲーム999, Victoryをやってみよう、と思いました。

しかし当方、Windows PCは普段使わない場所に追いやられており起動するのも面倒。

今使っているこの Linux 上で動かすことはできないか。

Ubuntu 上で Windows を動かす、といえばまぁとりあえずは Wine ですね。
ソフトによって動くものと動かないものの差が激しい Wine は、ゲームを動かすことはできるのか。

とりあえず

sudo apt-get install wine

をした後にダウンロードしたファイルを実行…、
これはRPGツクールの追加パッケージ的なものが足りなかったらしく、それをインストールしろと怒られました。

その追加パッケージをダウンロードして同じく Wine でインストールした結果、無事動作しました。

ちゃんとゲームのエンディングまでできたので、よかったです。

RPGツクール系で作られたものならば Wine でなんとかなるのかもしれません。

ありがたいですね。

昔は LTspice を Linux 上で動かすのに Wine をよく使っていました。
Wine 前提で作ってるんじゃないかっていうくらい安定して動いてくれます。

まぁ Linux にこだわる必要もないのですがね…
  
タグ :雑記Linux

Posted by CANEY at 21:38Comments(0)雑記Linux